前山歯科では【インビザライン・プラチナエリートプロバイダー】認定を受けました。

前山歯科では、インビザラインの一定の症例数や施術経験を評価された時に受ける事が出来る、インビザラインのアラインテクノロジー社認定 プラチナドクターの称号を頂きました。
前山歯科では【インビザライン・プラチナエリートプロバイダー】認定を受けました。
↑プラチナエリートプロバイダーの盾です。

インビザラインの「プラチナエリートプロバイダー」とは?

周囲に気付かれにくい矯正治療ということで知られるようになったインビザライン。
透明に近いマウスピースを使う目立ちにくいインビザライン矯正は、矯正歯科治療を望む患者様の間や、世間的にも次第に認知度が高まっています。

インビザラインは、矯正歯科治療を執り行うドクターとして、世界に共通したランキングを設けています。
数多くの施術経験を評価され、インビザライン症例数が一定レベル以上を満たしたドクターだけが認定される
「プラチナエリートプロバイダー」に、当院のドクターが認定をうけました。

歯並び矯正を行なう為には、経験と実績が大切であって、日本国内の最高レベルのインビザライン矯正を実現出来ます。

前山歯科では、全国でも限定されたプラチナエリートプロバイダー認定ドクターがインビザラインの治療を担当します。

※症例数に伴ってインビザラインメーカーであるアライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.)が各医療機関の認定を行なっています。

インビザライン矯正歯科治療

インビザラインに関しましてはプラチナドクター以上のドクターは世界中で認められており、一般的な歯医者さんよりも、スピーディーに適切に歯を移動する事が出来て、矯正歯科治療においてはよりよい結果が期待できると考えられています。

歯の噛合わせと、歯並び矯正やマウスピース矯正に精通しているドクターによる治療をを提供したいと考えております。

インビザライン矯正はどこの歯科医院で治療しても同じ?

最近ではマウスピース型矯正装置を使った歯科矯正治療が増加してきました。
マウスピース矯正の中においてもっとも「インビザライン(invisalign)」というブランドが、定着しています。

目立ちにくく、スピーディーに矯正歯科治療が出来るというので、インビザライン矯正の症例数は年々増加しており、芸能人の方の歯並び治療でも大変な話題となっています。

当院で矯正治療の推奨をしているインビザラインの治療にたいして相談者からは

「インビザラインは同じ所で成型しているからどこの歯医者で治療しても同じでは?」

と質問される場合があります。

歯並びにコンプレックスを抱え、歯列矯正に関して、インターネットを通してインビザラインについて事前にくわしくチェックをして相談に来られる方が多くいます。

マウスピース矯正はデジタル技術のサポートもあるからこそシンプルな感覚がありますが、
治療計画を立てるのはドクターです。

矯正歯科治療には正確な治療計画や経験に伴う最適な決断が確実に必要とされます。

インビザライン治療をする際にはアメリカのアライン・テクノロジー社にデータを送り、そのデータをシミュレーションしてマウスピースが製作されます。
そうすることで
【製作してもらうとこが同じ=何処で治療を行なっても変わらない】
と考えられると聞きます。

当然製作する場所は変わりませんが、【どういった方法で歯を移動させるのかについて設定するのはドクター】なのです。
治療をするドクターの考えで歯の動かし方が驚くほど変わり、矯正治療の目標地点も変わってきます。

歯を前に動かす?後ろに動かす?
上や下に動かすのか?

すべてはコントロールする先生がオーダーして判断していきます。

アライン・テクノロジー社が判断して治療をするわけではないです。

その為にも、
「インビザラインはどこで施術しても同じ」ということはありえません。

矯正治療では、ドクターの臨床経験・治療計画・判断が非常に重要です。

精密でクオリティの高い矯正治療を行うのは、インビザラインに対する豊富な知識を有しているプロバイダーです。
歯科医師であれば研修を受ければ、誰でもインビザライン矯正を行う事が出来ます。
インビザライン・プロバイダーは、インビザライン提供元のアライン・テクノロジー社が認定している条件に応じてランク付けされています。

インビザラインプロバイダーの中でも上位ランクの称号「プラチナエリートプロバイダー」になるためには、アライン・テクノロジー社から一定の治療実績を評価されなければなりません。

インビザライン・プロバイダーのランクについて

【プロバイダー制度】という認定基準によってランクで評価しています。
プロバイダー制度は、マウスピースによる治療システム「インビザライン」を開発したアライン・テクノロジー社が認定しています。

プロバイダー制度の評価基準は治療実績です。
実際に治療を行った症例数に応じてプロバイダーが決められ、それぞれのランクに認定されます。

プロバイダー名
ブロンズ
シルバー
ゴールド
プラチナ
プラチナエリート←前山歯科のランクです。
ダイヤモンド

症例数の少ない順番から、

・ブロンズ
・シルバー
・ゴールド
・プラチナ
・プラチナエリート
・ダイヤモンド

となっています。
治療実績が増えると称号のランクがアップします。
当医院も「プラチナ」から「プラチナエリート」へとランクアップしております。

インビザライン矯正プラチナとプラチナエリートの盾
↑左が【プラチナ】で右が【プラチナエリート】です。

矯正歯科選びは多くの経験と実績も一つの要素

矯正治療というのは患者様が治療結果に満足できるか否かというのが大切ですから、歯科医師の腕前の良し悪しを判断するのが非常に難しいものです。
さまざまな症例の矯正治療をこなすことでしか治療経験を積むことはできません。
症例数が豊富であれば治療経験も豊富です。
インビザライン矯正の治療実績により、ランクが定められていますので、
プロバイダー制度のランク(治療実績)というのが歯科医師選びの一つの判断材料といえます。

前山歯科が取得しているのは「プラチナエリート」という称号です。
これは、「1年間に101~150症例の治療を行っていること」が認定され、プロバイダー制度の中でも上位ランクに評価されています。

前山歯科では、多数の実績に基づいたデータから患者様一人ひとりに対して理想的な治療をお薦めできるように日々努めております。

患者さまがインビザライン治療を受けようとする際には歯科医師のランクを知ることができます。
歯科医院選びの際には、通いやすさや料金などと一緒に、インビザライン治療をしてくれる歯科医師のプロバイダー制度におけるランクが参考になるのではないでしょうか。

前山歯科では矯正治療を始める前は無料で相談・カウンセリングを行っています。

ぜひ無料相談を活用していただきたいと思います。


インビザライン矯正相談


矯正歯科治療の種類
矯正歯科治療の種類「目立ちにくい」「取り外しができる」インビザライン矯正

インビザライン矯正

矯正歯科治療の種類「透明なワイヤー矯正」エクセレント・アライン

エクセレント・アライン
目立たないワイヤー矯正

矯正歯科治療の種類 舌側矯正・裏側矯正 インコグニト

インコグニト
見えない裏側矯正