ワイヤー矯正|名古屋市昭和区前山町の矯正歯科 前山歯科・矯正歯科

0120-648-388

月~土 9:00~12:00/14:00~18:30 日曜日 9:30~12:00/13:30~17:30

〒466-0821 愛知県名古屋市昭和区前山町1-39無料駐車場5台完備
電 話 アクセス 矯正相談 メニュー

ワイヤー矯正Wire orthodontics

ワイヤー矯正とは about Wire orthodontics

歯1本1本の表面にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤー通し、ワイヤーの引っ張る力を利用して歯を移動させる方法です。矯正治療のなかで最も一般的で、ほとんどの症例に対応できます。
従来は、歯の表側に金属のブラケットとワイヤーをつける方法が主流だったので、装置が目立つことがデメリットとされていましたが、最近では、白や透明のブラケット、銀色ではないワイヤーなど目立たない装置を選べるようになりました。

ワイヤー矯正とは

当院のワイヤー矯正治療

前山歯科・矯正歯科独自のワイヤー矯正装置、「エクセレント・アライン」をご提供しています。

エクセレント・アラインについて

エクセレント・アラインについて

歯の表側に装置をつけるワイヤー矯正になりますが、従来の金属製のブラケットではなく、透明のブラケットを使います。ワイヤーは金属ですが、銀色ではなくお口の中になじむピーチ・ゴールドなので、目立ちにくくなっています。

エクセレント・アラインのメリット

「エクセレント・アライン」は表側に装置をつける矯正治療ですが、装置が目立たないという大きなメリットがあります。

エクセレント・アラインのメリット

目立ちにくい

ブラケットは透明で、ワイヤーをとめるクリップも白いので目立ちません。このクリップは、カレーやワインなど色の濃い物を飲食しても色がつきにくい優れたものです。
ワイヤーはピーチ・ゴールド色で、お口の中につけると光の乱反射によりほとんど目立ちません(白いワイヤーも試してみましたが、こちらの方がかえって目立ってしまいます)。
このように当院の「エクセレント・アライン」は、表側矯正の装置のなかではたいへん目立ちにくいものとなります。

動きが速く、痛みも抑える

当院の「エクセレント・アライン」は、ただ目立たないだけではありません。近年提唱されている矯正理論、「ローフリクション・ライトフォース」(低摩擦・弱い力)に則って考案されたものなので、従来の装置よりも速く歯を動かすことができ、痛みも抑えられるのです。
この「ローフリクション・ライトフォース」の代表的な装置に「セルフライライゲーションブラケット装置」(デーモンシステム)があります。機能性には優れていますが、金属の部分が目立ってしまうので、残念ながら審美性には劣ります。
近年大幅に改良されていますが、それでも見た目を気にされる方にはおすすめできません。

「エクセレント・アライン」は、多くの点で改良を重ねて完成した装置です。

ローフリクション(低摩擦)

ブラケットとワイヤーとの間の摩擦を少なくすることでワイヤーの滑りが良くなり、歯が動こうとする力が妨げられにくくなります。
また、形状記憶合金でできたワイヤーに復元力があるので、従来の方法よりも速く歯を動かすことができます。

ライトフォース(弱い力)

矯正治療では、歯にかかる力が弱いほど痛みを抑えられます。
「エクセレント・アライン」は、ローフリクションの効果によりライトフォースで歯を動かせるので、痛みを抑えられます。

ワイヤー矯正の費用

当院では、以下の料金でエクセレント・アラインをご提供しています。

成人料金…80万円(税別)

※矯正治療は自由診療(保険適応外)となっています。

学生料金…70万円(税別)

※矯正治療は自由診療(保険適応外)となっています。

ワイヤー矯正の注意事項

ワイヤー矯正では歯にブラケットやワイヤーをつけるため、下記の事項にご注意ください。

ブラケットやワイヤーの脱落

装置を気にして舌や指で触れてしまったり、粘着性の高い物や硬い物を食べたりすると、ブラケットやワイヤーが外れる可能性があります。
また、装置をつけてから慣れるまでの間、食事や会話がしづらくなることがあります。

虫歯や歯周病のリスク

ブラケットやワイヤーの周りは歯ブラシがきちんと届きにくく、磨き残しが多くなりがちなので、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

ワイヤー矯正から
マウスピース矯正へ移行する治療法
Change of treatment

ワイヤー矯正からマウスピース矯正へ移行する治療法

前山歯科・矯正歯科では、マウスピース矯正のひとつ、「インビザライン矯正」に力を入れています。
これまで多くのインビザライン矯正をご提供しており、さまざまな症例への対応が可能となっていますが、症状などによっては、わずかですがインビザライン矯正では治療が難しい場合があります。
そのような場合、最初はワイヤー矯正を行ない、次にインビザライン矯正へと移行するという方法があります。

たとえば
  • 治療期間の短縮を希望される方
  • 抜歯が必要な歯並びの方(できる限り抜歯は行ないません)
  • 重度の叢生(でこぼこの歯並び)の方
であれば、
  • 治療期間の長期化が見込まれる
  • 最初からのインビザライン矯正が困難
  • インビザライン矯正が不可能

と判断した場合は、ワイヤー矯正を行なった後にインビザライン矯正へと移行することがあります。
ワイヤー装置をつけている期間、矯正治療の期間を短縮できるというメリットがあります。

ワイヤー矯正からインビザライン矯正へ移行する場合の費用

「ワイヤー矯正 + インビザライン矯正」の料金…82万5,000円(税別)

※矯正治療は自由診療(保険適応外)となっています。
前山歯科・矯正歯科 ホーム

0120-648-388