矯正歯科治療の流れについてのご案内

前山歯科の矯正歯科治療のおおまかな流れについてご説明いたします。

※インビザライン矯正、ワイヤー矯正、舌側矯正も流れはほぼ同じです。

矯正歯科治療を始める前には、無料矯正相談・カウンセリングを2回実施しています。

無料矯正相談の流れ

無料矯正相談の際にご持参して頂きたいものです。

カルテ入力のために保険証が必要となります。
保険証をお持ちでない方は、身分の証明出来るもの(免許証、住基カード等)をお持ちください。

矯正相談1回目の流れ

「矯正してどうなりたいか」といった患者様のご希望をしっかりと伺うことから治療がはじまります。

問診票の記入

患者様の事をよく知るために問診表を最初にご記入して頂きます。
およそ5分程度で終わる内容となっています。
矯正治療を始めるにあたって気になる事、相談したい事、何でも書いて頂きたいと思います。

ドクターとの相談

ドクターによる相談を行います。問診表をもとに患者様にお話をうかがいます。
相談時間を設けておりますので、矯正治療について知りたいことなど、患者様からのご質問にお答えしています。

ご希望に沿えるように最適な治療方法をご提案しながら、矯正することのメリット・デメリットをしっかりとお伝えしますので、患者様が納得して矯正治療を始められるかどうかをご判断いただけます。

矯正治療についてどんなものなのか知りたいとか、治療をするかどうか迷っているという方の相談も大歓迎です。

ドクターが出来る限り丁寧に回答いたします。

歯のレントゲンの撮影

矯正相談カウンセリング
歯のレントゲンの撮影を行い、骨の状態などを診断します。

歯の模型を作製するための歯型採取

無料歯列矯正相談ではあなたの歯型を造って相談に答えています。
現在の噛み合わせを知るための歯の模型を作製するので、歯型の採取を行います。

模型を作製することで患者様自身が歯の状態を知ることができるというメリットがあり、実際どのくらいの治療期間がかかるのかといった治療計画をお話しする際にも役立ちます。

2回目の矯正相談の予約

2回目のご相談の予約をさせて頂きます。
歯の模型を作製するのに約1週間程お時間をいただきますので、2回目のご相談は約1週間後以降にご予約をお願いしています。

矯正相談の1回目、2回目ともに費用は一切かかりません。

1回の矯正相談の時間はすべて含めて大体30分程ですが、ご質問がたくさんあれば、全てに丁寧にお答えします。

まずは気軽にご来院ください。

矯正相談2回目の流れ

1回目の相談で撮影したレントゲン写真と歯型の模型を見ながら、治療の方針や実際どのくらいの治療期間がかかるのか、具体的にお話しさせて頂きます。

目で見ただけではわからなかった歯の状態と噛み合わせも、レントゲンや歯型によってより詳しくわかると思います。

質問やご相談がございましたら何でもお聞きください。

レントゲン画像

矯正治療にかかる費用、お支払い方法に関してご説明させて頂きます。

『歯列矯正を行いたいけども、費用が心配』という方には、負担のないようなお支払方法をご提案いたしますので、ご相談ください。

ご説明の際には診断結果をもとに作成した
・治療確認書

・治療提案書
等の書類をお渡しします。

ここまでで、前山歯科の無料相談は終わりです。


じっくりと検討された上で、前山歯科で矯正歯科治療を始められたいという方は、治療のご予約を承ります。

すぐには決められないという方は、一度ご帰宅されてからじっくりと検討していただくことオススメしております。
2回目の相談で悩みに悩んだ結果、『やっぱりやめよう』となった場合でも、前山歯科では精密検査含めすべて無料で費用はかかりません。

歯や歯並びのお悩みを解消できたり、矯正治療について少し詳しくなったりするだけでもメリットがあると思いますので、お気軽に矯正相談にいらしてください。

納得できた時点で治療を始めて頂けるように、いつでも皆さまのご来院心よりお待ちしております。

矯正治療開始

矯正治療前に虫歯や歯周病の治療

必要な検査・診断を行い、虫歯や歯周病が見つかった場合には、矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。

矯正前の検査

歯型とり

インビザライン矯正の場合には、矯正装置のマウスピースを作成するため、歯型をとります。
以前は、シリコンでの精密印象をとっていましたが、アイテロという歯型をスキャンする機械が導入されましたので、より精密な歯型データを楽に早く取得出来るようになりました。
歯並び治療のシミュレーションを画面を見ながらその場でご確認いただけます。

矯正治療

・インビザライン矯正の場合は、マウスピースができあがったら矯正治療を開始します。
毎日、決められた時間(20時間以上)装置を装着します。
約2週間ごとに新しいマウスピースに交換します。

・ワイヤー矯正の場合は、歯にブラケット・ワイヤーを装着して矯正治療を開始します。

医師の指示にしたがって規定の間隔で通院しながら、きちんと歯が動いているかを確認します。

歯の動きが順調であれば通院間隔を長くすることも可能です。

矯正治療終了

矯正治療が終了しても、動かしてキレイに並んだ歯は、そのまま放っておくと必ず元に戻ろうとします。

歯並びが改善しても、口腔内の癖などが原因で歯並びが元の状態に戻ってしまう可能性があるのです。

それを防ぐために、矯正治療が終了したらすみやかに「保定」を行います。

保定

保定装置(リテーナー)を製作し、装着します。
リテーナーにはさまざまな種類があり、目立ちにくいものを使用しますのでご安心ください。

リテーナとは矯正治療が終わった後に、移動した歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するために使用する歯を動かさない為の装置です。

矯正治療が終わった直後は歯を支える骨や周辺の組織がまだ固まってない状態なので後戻りや歯並びの乱れが起こりやすくなりとても不安定な状態です。

歯並びが良い歯でも歯は日々動いています。

歯は持続的な弱い力で動きます。

舌、頬、唇などが歯を表や裏から押すことにより生まれる力です。

その他日常の癖です。

噛みぐせ、頬杖、横向き寝、舌を出す、唇を噛むなどが挙げられます。

歯を支える骨や周辺の組織が安定するには1年~3年程かかると言われています。

保定期間の目安は矯正治療の期間と同じくらいとも言われています。(個人差はあります。)

1年~1年半ぐらいの間はお食事とき以外はなるべく装着して下さい。

その後は歯並び、噛み合わせに問題がないか、きちんと歯が固定しているかなどの確認し歯科医師と相談しながらリテーナの装着時間を短くしてきますが、歯は日々動いているので心配な方は継続的に使用して頂くことをお勧めしています。

ただし、噛み合わせや筋肉などの影響で多少の後戻りが起こる場合があります。

医師の指示を守り定期的に通院してチェックを受けることがきれいな歯並びを保つことにつながります。

※リテーナを装着していないと歯が動いてしまい合わなくなる場合があります。
きつく感じる程度で装着できるようでしたら装着時間を長めにして装着して下さい。
大きく動いてしまうと装着できなくなりリテーナーを作り直さなければならないことになるので注意が必要です。
その際は別途費用がかかってしまいますのでリテーナを装着するようにして下さい。

保定期間中はおよそ3ヶ月に1回程度通院して、歯並びや噛み合わせの確認、歯のクリーニングを行います。
保定期間の定期検診は保険診療になります。


患者様の歯並びや状態により矯正期間は異なりますが、矯正開始から終了(保定期間は除く)まで目安として短くて6ヶ月から長くて3年ほどの場合がほとんどです。

前山歯科では矯正治療を始める前は無料で相談・カウンセリングを行っています。

ぜひ無料相談を活用していただきたいと思います。



矯正歯科治療の種類
矯正歯科治療の種類「目立ちにくい」「取り外しができる」インビザライン矯正

インビザライン矯正

矯正歯科治療の種類「透明なワイヤー矯正」エクセレント・アライン

エクセレント・アライン
目立たないワイヤー矯正

矯正歯科治療の種類 舌側矯正・裏側矯正 インコグニト

インコグニト
見えない裏側矯正